ハイベックを使っても自宅では洗濯できないものについてまとめておきましょう。

 

ハイベックで洗えないものとしてまず皮革製品が挙げられます。たとえば本革を使って作られているジャケットなどはハイベックで洗えないものです。また衣類の一部に本革が使われているものもハイベックで洗えないもののひとつです。

 

コートのフードなどにファーがついているデザインがありますが、このファーがフェイクではなく本物のファーだった場合もハイベックでは洗えないものになります。ファーの部分を取り外して洗いましょう。

 

そのほかビーズやスパンコール、特殊な素材が使われているボタン、貼りつけるタイプのプリント、特殊加工された生地といったものが使用されている製品もハイベックでは洗えないものです。

 

取り扱い絵表示を確認してドライマークに×印がつけられている製品はハイベックでは洗えないと考えてください。

 

着物が洗えるかどうかというと、着物には取り扱い絵表示がないのではっきり判断するのは難しいと言えます。

 

また、着物同様、オーダーメイドなどで仕立ててある衣類も取り扱い絵表示がありません。もし仕立てをしたときの余り布があればこれを使ってハイベックで試洗いをしてみて布に異常がなければ洗えます。

 

このようにハイベックでは洗えないものもあります。まず洗いたい衣類の取り扱い絵表示をタグで確認し、ハイベックで洗えないものかどうか判断してください。

 

なお、取り扱い絵表示のひとつにドライマークのなかにセキユとカタカナで表記されているものがあります。これもドライマークの衣類と同じようにハイベックで洗うことができます。





カテゴリー : ハイベックをうまく使う