歯ブラシを使ってシミ抜きをすることができます。よくあるシミについて、歯ブラシを使ってシミ抜きする方法を紹介しましょう。

 

 

・しょうゆやお茶、コーヒー、ジュースなどのシミ抜き

 

まず2~4回たたんだ乾いたタオルを敷いてシミがついた生地を置きます。このときシミがついた側がタオルに触れるようにしておきます。

 

そして歯ブラシに水をつけて、シミの周囲から中心に向かって歯ブラシで生地をたたきます。するとシミとしてついていたしょうゆなどがタオルに移ります。いつもタオルのきれいな部分の上でシミをたたくようにしてください。タオルに何も色がつかなくなるまでこれを繰り返します。

 

歯ブラシに水を付けただけでは落ちないシミの場合、洗剤を少量水に溶かして歯ブラシにつけ、同じように染み抜きをします。

 

 

・口紅、ファンデーション、ボールペンインク

 

洗剤の原液を歯ブラシにつけて、しょうゆなどのシミ抜きをするときと同じ方法で染み抜きをします。この方法でチョコレートやカレー、ドレッシングなどのような食品も染み抜きができます。

 

 

歯ブラシでシミ抜きをするときに注意しなくてはならないことがあります。それはシミの中心に最初に水または洗剤溶液をつけない、ということです。シミの中心に最初に水や洗剤溶液をつけてしまうと、そこからシミが外側に向かって広がりシミの面積が大きくなるのです。

 

シミは時間がたつとどんどん落ちにくくなります。着たその日に汚れをチェックし、汚れやシミを見つけたらできるだけ早くシミ抜きと洗濯をしておくとよいでしょう





カテゴリー : 洗濯について