ハイベックの種類や成分、口コミ、洗い方などを解説しています。ハイベックは、ドライマークの衣類を家庭で洗うことのできる洗剤です。ドライクリーニングに出す手間と費用にお悩みの方は必見です。
  • ハイベック公式サイト

コンテンツ

ハイベックとは

ハイベックとは何かと言うと、ドライマークがついている布製品をご家庭で洗うための洗剤です。

 

ドライマークがついているということは、ドライクリーニングに出さなければならないのですが、ハイベックがあればドライクリーニングに出さなくてもきれいに洗濯できるのです。

 

季節の変わり目、衣替えの時期になるとそれまでのシーズンに着ていた洋服をドライクリーニングに出すのが一般的です。特に冬が終わって冬物をクリーニングに出すのは結構大変ですね。クリーニング代がかさむし、クリーニング店に持ち込むのも引き取りに行くのも面倒です。

 

ハイベックを買っておけばこうしたわずらわしい手間がなくなります。

 

それにシーズン中でも汚れが気になったら手軽に洗えるのもハイベックのメリットのひとつです。

 

夏服のおしゃれ着は着るたびに汗などの汚れが気になるので毎回洗濯したいですね。でもドライクリーニングに出すとなるとお店まで出かけて引き取りに行くまでその洋服は着られません。ハイベックは自宅でこうしたおしゃれ着も洗濯できるので着たら洗うということが簡単にできるのです。

 

着た後のお手入れが面倒で買ったまましまいこんでしまったおしゃれ着も気軽に着られるようになります。

 

なかにはドライクリーニングに出すと他人の衣類と一緒に洗われてしまうからいやだ、という方もいらっしゃいます。また、お気に入りの大切な洋服は自分の手でケアしたい、という方も少なくありません。そんな方はぜひハイベックを試してみてください。スーツやコート、ダウンジャケットも自宅できれいさっぱり洗い上げることができます。

ハイベックの種類を紹介

ハイベックの種類を紹介しましょう。

 

ハイベックにはエースドライシリーズ、ゼロドライシリーズ、ゼロビギンズシリーズ、プレミアムシリーズといった種類があります。それぞれの種類をくわしく見てみます。

 

まずハイベックのスタンダードモデル、ゼロドライシリーズです。

 

ゼロドライシリーズの種類はゼロドライとゼロ仕上げ剤です。ゼロドライで洗浄し、ゼロ仕上げ剤で生地のハリとコシを出します。こうした商品は30年以上の信頼と実績を積み重ねています。ゼロドライシリーズの2種類の商品にはそれぞれ詰め替え用があるのでごみの減量につながります。

 

このゼロドライシリーズは1100g、詰め替え用は1000gですが初めてハイベックを使ってみる方におすすめの種類はゼロビギンズシリーズで、ハイベックお試しサイズです。これはハイベック ゼロ ビギンズという商品名で販売されています。容量は1本500gとなっています。

 

ハイベックのハイベックエースという種類は柔軟剤を使用する必要がありません。洗浄力が抜群というだけでなく柔軟剤を使わなくても仕上がりはとても柔らかだという特徴があります。

 

そしてもうひとつの種類がハイベックプレミアムシリーズです。この種類のハイベックはよりプロの仕上がりに近い洗い上がりを実感できる洗浄剤です。ハイベックプレミアムシリーズにはトリートメントドライプレミアム、コーティングソフトプレミアム、コーティングハードプレミアム、洗濯助剤プレミアム、といった種類があります。

 

こうしたハイベックの種類のなかから希望する洗濯が手軽にできる商品を選んで購入を検討してみてください。

PAGETOP
Copyright(c) ハイベックの種類、成分、口コミ等  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「ハイベックの種類、成分、口コミ等」(http://www.hiphopboxset.com/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。